模型

一棟買いを行ない有利に不動産投資を始めよう

賃貸の管理業務

PCを操作する女性

賃貸は管理が大事

賃貸マンションなどの不動産経営で利益を得ようと思ったら、どんな賃貸マンションを選ぶかはとても重要です。そしてそれに次いで重要なのが、マンションの管理業務です。いくら立派な賃貸マンションを所有していても、管理が行き届いていないと、借り主が逃げてしまいます。管理がしっかりしている賃貸マンションであれば、入居者は安心・快適に暮らせるので契約更新に繋がります。賃貸管理は経営者自身でもできます。しかし、実際にやると大変なので管理会社に業務委託をするのが一般的です。ただ、賃貸管理を管理会社に任せる場合、どこまで任せるのか基準を明確にしておくことが大切です。あやふやなままにしておくとトラブルの原因になります。

管理会社の役割

賃貸マンションというのは、複数の他人がそれぞれの部屋に住み、共同で生活をしている集合住宅です。顔を合わせる機会がないにしても、一つ屋根の下で暮らしている以上、ルールというのがあります。借り主は賃貸借契約を結ぶときに、共同生活のルールについて確認し、同意をします。そしてそのルールが守られているかどうか確認するのが賃貸管理会社です。また、守られていない場合は規則に従って対応するのも、賃貸管理会社の役割です。賃貸マンションでありがちな住宅同士の騒音トラブルについても、間に入って対応をしてくれます。さらに退去時には部屋をきれいに使っているか確認し、修理箇所がある場合はリフォームをして次の借り主に引き渡す役割をします。

Copyright © 2017 一棟買いを行ない有利に不動産投資を始めよう All Rights Reserved.